取引時間

下記へアクセス可能

取引時間

  • 1日24時間オンラインによる取引
  • 日曜日GMT22:05 –
    金曜日GMT21:50の取引セッション
  • リアルタイムの市場情報(準備中)
  • 最新の金融ニュース(準備中)
  • 1日24時間週5日のカスタマーサポート

1つの口座でFX、コモディティ、貴金属、エネルギー、株式指数を取引。
1つの口座から8つの取引プラットフォームへアクセス可能。

FX市場取引時間

市場が眠ることはありません。8MAXにおける取引も同じです。ひとつのメジャーな外国為替市場が閉まっても、別の市場が開きます。例えばグリニッジ標準時(GMT)を基にすると、外国為替取引時間は世界で次のように移動します。GMT午後1時から午後10時の間はニューヨーク市場が開いており、GMT午後10時になるとシドニー市場が動き出し、GMT午前0時から午前9時まで東京市場が開きます。最後にロンドン市場がGMT午前8時から午後5時まで開かれ、このサイクルの終わりとなります。こうして、各大陸からの中央銀行の参加と共に、世界中のトレーダーとブローカーが1日24時間オンライン取引をできるのです。

より活発な取引で、広がる可能性

FX市場は一日24時間取引が可能であり、その中でも最も取引が活発な時間帯を知ることが重要です。

例えば、ニューヨークセッションが終わり、東京セッションが開始する前の東部標準時間(EST)午後5時から7時の間という、あまり活発でない時間を見てみると、シドニーセッションはオープンしますが、他の3つの主要なセッション(ロンドン、米国、東京)に比べて、より控え目な動きとなります。結果として、動きの少なさは金融的チャンスも減ることになります。もしEUR/USD、GBP/USDまたはUSD/CHFといった通貨ペアを取引されたい場合には、ヨーロッパと米国の両方が動いている午前8時から午前12時の間に、より多くの動きがあることがわかるでしょう。

注意力とチャンス

他のFX取引時間で注意しておきたいのは、政府報告書と公式経済ニュースの発表時です。これらのニュースがいつ発表されるかは、政府が予定表を出しますが、各国における発表スケジュールは統一されていません。

したがって、主要各国で発表される経済指標について調べる価値があります。これらはFX取引において最も活発な動きと一致しているからです。そのような激しい動きは、通貨価格における大きなチャンスを意味し、それは時としてオーダーが予想した価格と異なって執行されることがあります。

トレーダーとしては、主に2つの選択肢があります。まず1つ目は、より大きな価格変動から最大の利益を得るために、FX取引時間におけるニュース期間も含めることです。そして、2つ目はこれらの時期にはあえて取引を一時中断するという選択です。どちらを選ばれた場合にも、ニュース発表時において価格が急変する際には、先を見越したアプローチが必要です。

トレーディング・セッション

デイトレーダーにとって最も生産性の高い時間は、ロンドン市場が開くGMT午前8時から米国市場が閉まるGMT午後10時の間です。取引のピーク時は、米国とロンドン市場が重なるGMT午後1時からGMT午後4時の間です。一日の中で主要なセッションは、ロンドン、米国およびアジア市場です。

下記はトレーディング・セッションの概要となり、市場を最大限に活用するのに役立ちます。

ロンドンセッション – GMT午前8時から午後4時までオープン; EUR, GBP, USDが最も動きのある通貨

米国セッション – GMT午後1時から午後10時までオープン;USD, EUR, GBP, AUD, JPYが最も動きのある通貨

アジアセッション –日曜日の午後、GMT午後10時頃オープンし、GMT午前9時頃ヨーロッパのトレーディング・セッションに突入;デイトレードにはあまり向かない。